商品カテゴリー
  1. ホーム
  2. 加工サービス
  3. アクリルルーターカット加工
  4. 象嵌セット方法


アクリルルーターカット加工(姿切り)―象嵌セット方法



サインネットの象嵌は、高度な接着技術も時間も必要ではありません。
アクリルとアルミ複合板の隙間は僅かで均一です。
正確に簡単に作れて、しかも綺麗に仕上がります。



【1】アクリルのフラップ部分に多用途ボンドなどを付けます。


ボンドの例:ウルトラ多用途SUクリヤー

※塗り過ぎに注意して下さい。
塗り過ぎると押えた時にはみ出る事があります。
※各所、満遍なく塗って下さい。
塗り損じている箇所があると剥がれる事があります。

【2】アクリルをアルミ複合板側へ嵌め込みます。

※壁などを使って、アルミ複合板を斜めにセットしておくと、
アクリルが嵌め易いです。
※ボンドが垂れないように注意してください。

【3】ボンドが完全に硬化するまで、マスキングテープなどで押えます。 

※掲載している内容はあくまでも参考用に説明しています。
  万が一トラブルが有りましても当方での責任は負いかねますので、施工の際は充分にご注意下さい。

 
 
※北海道・沖縄・離島は別途運賃が必要になる商品もあります。
※形状・価格・仕様は、製品改良のため予告なく変更する場合があります。注文時にご確認下さい。
※設置場所における安全性につきましては、お客様側で充分ご注意下さい。